地図

北海道(住宅地)

R4.11月期(現況実感値)

CLOSE
天気アイコン説明
中央区
「中央区」 詳細情報
中央区
×
北区
「北区」 詳細情報
北区
×
東区
「東区」 詳細情報
東区
×
白石/厚別区
「白石/厚別区」 詳細情報
白石区、厚別区
×
豊平/南/清田区
「豊平/南/清田区」 詳細情報
豊平区、南区、清田区
×
西/手稲区
「西/手稲区」 詳細情報
西区、手稲区
×
札幌近郊
「札幌近郊」 詳細情報
小樽市、石狩市、江別市、北広島市、恵庭市、千歳市等
×

地域別不動産天気予報(住宅地)

エリア
北海道全域
R5.5月期
(予測値)
R4.11月期
(現況実感値)
R4.5月期
R3.11月期
中央区
北区
東区
白石/厚別区
豊平/南/清田区
西/手稲区
札幌近郊

不動産市場レポート

今回(202211月時点)の調査対象地域の商業地における取引価格動向DI値は+45.5ポイントで、前回と同様に地価が上昇している結果が得られた。前回(20225月時点)の+74.5ポイントと比べると-29.0ポイント減となった。6ケ月後の将来予測値は-0.5ポイントとなり、マイナス予想がされており、地価の上昇が沈静化するとの予想となっている。 また、今回の調査対象地域の住宅地におけるDI値は+39.4ポイントで前回(20225月時点)の+78.0ポイントと比べると-38.6ポイント減、6ケ月後の将来予測値は-11.4ポイントと予測され、商業地と同様にマイナスが予想されており、商業地、住宅地ともに地価動向に陰りが見られだしている。

不動産市場レポート

今回(202211月時点)の調査対象地域の商業地における取引価格動向DI値は+45.5ポイントで、前回と同様に地価が上昇している結果が得られた。前回(20225月時点)の+74.5ポイントと比べると-29.0ポイント減となった。6ケ月後の将来予測値は-0.5ポイントとなり、マイナス予想がされており、地価の上昇が沈静化するとの予想となっている。 また、今回の調査対象地域の住宅地におけるDI値は+39.4ポイントで前回(20225月時点)の+78.0ポイントと比べると-38.6ポイント減、6ケ月後の将来予測値は-11.4ポイントと予測され、商業地と同様にマイナスが予想されており、商業地、住宅地ともに地価動向に陰りが見られだしている。

 

Page Top