地図

福島県(住宅地)

R2.10月期(現況実感値)

CLOSE
天気アイコン説明
県北
「県北」 詳細情報
福島市、伊達市、二本松市、本宮市、伊達郡(川俣町・国見町・桑折町)、安達郡(大玉村)
×
県中
「県中」 詳細情報
郡山市、須賀川市、田村市、田村郡(三春町・小野町)、岩瀬郡(鏡石町・天栄村)、石川郡(石川町、浅川町、古殿町、玉川村、平田村)
×
県南
「県南」 詳細情報
白河市、東白川郡(棚倉町・矢祭町・塙町・鮫川村)、西白河郡(西郷村・泉崎村・中島村・矢吹町)
×
会津
「会津」 詳細情報
会津若松市、喜多方市、南会津郡(南会津町・下郷町・檜枝岐村・只見町)、耶麻郡(北塩原村・西会津町・磐梯町・猪苗代町)、河沼郡(会津坂下町・湯川村・柳津町)、大沼郡(会津美里町・三島町・金山町・昭和村)
×
相双
「相双」 詳細情報
相馬市、南相馬市、相馬郡(新地町・飯舘村)、双葉郡(浪江町・双葉町・大熊町・富岡町・楢葉町・広野町・葛尾村・川内村)
×
いわき
「いわき」 詳細情報
いわき市
×

地域別不動産天気予報(住宅地)

エリア
福島県全域
R3.4月期
(予測値)
R2.10月期
(現況実感値)
R2.4月期
(現況実感値)
R1.10月期
(現況実感値)
県北
県中
県南
会津
相双
いわき

土地価格(住宅地)

土地価格(住宅地)

 推移について、県内全体では、「大きく下落」及び「下落」(以下、あわせて「下落」とします。)の合計が前回より6.4ポイントの減少、「ほぼ同じ」が5.5ポイントの増加となりました。

 地域別では、浜通りでは「下落」が6.4ポイントの減少、「ほぼ同じ」が10.2ポイントの増加で、いわき地区でも同様の増減の動きですが、相双地区では逆に「下落」が増加し、前回14.3%あった「上昇」が、今回はゼロとなりました。

 中通りでは、「下落」が9.2ポイントの減少、「ほぼ同じ」が6.5ポイントの増加で、県中地区と県北地区も同様の増減の動きですが、県南地区については、「下落」も「ほぼ同じ」も前回と同程度となっています。

 会津地方では、「下落」が13.3ポイントの増加、「ほぼ同じ」が13.3ポイントの減少で、浜通りや中通りとは逆の増減の動きとなっています。

 今後の動向については、多くの地域で「下落」が「ほぼ同じ」をやや上回りますが、県南地区と県北地区はその逆となっています。

土地価格(商業地)

土地価格(商業地)

 県内全体では、「下落」が前回より7.0ポイントの増加、「ほぼ同じ」が7.8ポイントの減少となり、住宅地とは逆の増減の動きとなりました。

 地域別では、中通りの各地区と会津地方では県内全体と同様の増減の動きですが、浜通りは逆に、いわき地区も相双地区も「下落」が減少し、「ほぼ同じ」が増加しました。

 今後の動向については、いわき地区、相双地区と県北地区では「下落」と「ほぼ同じ」が同程度の割合ですが、県中地区と会津地方は「下落」が「ほぼ同じ」を上回り(会津地方は特に大きく上回る)、県南地区はその逆となっています。

土地価格(工業地)

土地価格(工業地)

 県内全体では、「下落」が前回より6.1ポイントの増加、「ほぼ同じ」が7.2ポイントの減少となり、商業地と同様の増減の動きとなりました。

 地域別では、中通りの各地区と会津地方は県内全体と同様の増減の動きですが、浜通りはその逆となっています。

 今後の動向については、多くの地区で「下落」が「ほぼ同じ」を上回りますが、県北地区は「下落」と「ほぼ同じ」が同程度、いわき地区は「ほぼ同じ」が「下落」を上回っています。

中古戸建価格

中古戸建価格

中古マンション価格

中古マンション価格
Page Top